毎年(10月22日
鞍馬の火祭が終わると鞍馬周辺は、紅葉が色づきはじめ、鞍馬山内並びに境内からは、色とりどりの紅葉を見ることができます。京都は、観光シーズンで見所いっぱいです。是非京都へお越しいただき、市内から少し足を延ばして鞍馬へご参拝方々お越し下さい。
    
世界遺産の京都本

世界遺産の京都本

価格:880円(税込、送料別)

京都地図本

京都地図本

価格:580円(税込、送料別)

京都本

京都本

価格:680円(税込、送料別)

るるぶたびちょこ京都

るるぶたびちょこ京都

価格:650円(税込、送料別)

京都おすすめ観光ガイドブック
京都夜観光navi

京都夜観光navi

価格:700円(税込、送料別)

鞍馬の火祭関連商品リンク
鞍馬天狗 鞍馬の火祭(DVD) ◆20%OFF!

鞍馬天狗 鞍馬の火祭(DVD) ◆20%OFF!

価格:3,192円(税込、送料別)

DVD 日本の祭り 火

DVD 日本の祭り 火

価格:980円(税込、送料別)

☆送料無料☆DVD 日本の祭り 全6巻 CK6951【smtb-TK】

☆送料無料☆DVD 日本の祭り 全6巻 CK6951【smtb-TK】

価格:10,080円(税込、送料込)

京都市内ホテルリンク

当社秋の祭事・境内の様子

由岐神社例祭 鞍馬の火祭
松明の様子
少年たちが小松明を担いで練り歩き、次第に、燃えさかる大松明を担いだ青年たちがこれに加わり、次第にクライマックスに向かう火祭の儀【鞍馬の火祭】
松明を担ぐ子供
神楽松明
22日午前9時、由岐神社本殿にて例祭が始まります。雅楽が流れる中、祭が盛大かつ無事に斎行できるようお願い申し上げます。
続いて奉遷の儀が執り行われ由岐神社本殿にお鎮まりになられている由岐大明神・八所大明神が2基の御神輿に御遷りになられます。その後2基の御神輿は仁王門前の石段下に安置されます。
午後6時、神事触れの合図「神事にまいらっしゃれ」の合図で鞍馬の各戸に積み重ねられた篝(エジ)が一斉に点火され、幼少年が小松明を担いで練り歩き、次第に燃えさかる大松明を担いだ青年たちがこれに加わり、「サイレイ、サイリョウ」を繰り返して囃しながら仲間の宿の出発の時刻などが伝達されます。
その後菊・桐・蝶・葵・鳳・百足・寺の鉾や鎧を着た武者が仲間の宿から出てきますと、山門前には大小の松明を担いだ若者が集合してひしめき合い一大壮観を呈します。やがて合図の太鼓と共に青葉の精進竹に張った注連縄切りの儀が行われます。大松明は石段の所に殺到しやがて1箇所に焼き捨てられます。
その後御輿の前で神幸の儀があり八所大明神・由岐大明神の順で御輿が参道を下ります。その際各御輿の後に鎧武者が乗り、御輿の背後に綱がつけられ、坂や石段から急に降りないように町の乙女達が綱を引きます、女性が参加することもこの祭の異色の一つです。この綱を引くと安産がになると昔から伝えられているので特に若い女性が多い。その時山門の石段では2人の青年が御輿の先の担い棒の前で逆さ大の字になって下ります。これがチョッペンの儀であります。
山門を下ったところから御輿は車に乗せられ鞍馬町を巡幸されて御旅所に戻ったところで御輿は安置されます。その後お神楽が奉納され4本の大きな神楽松明が境内をまわり諸式が終了致します。
翌日23日午前2基の御神輿が、御旅所から本殿へ御帰りになる還幸祭が執り行われ由岐神社例祭『鞍馬の火祭』が終了します。